VIVA LA VIDA!

子どもを指導しています。経験などから役立つこと、日々のことなどを記しています。

今年こそ新しい自分に!「自分に自信がない」人が身に付けるべき発想法5つ。

元Jリーガーのゴロウです。

 

世の中うまくいくこともありますが、

ほとんどは失敗ばかり。

落ち込むことのほうが多いです。

 

私も5流のJリーガーだったので、

自信をもって何かをすることが出来ませんでした。

でも、ちょっと発想や物事の捉え方を変えるだけで、

次に向かう気持ちが変わってきます。

 

今日はそんな発想・捉え方を変えてくれる言葉を紹介します。

 

 

 

 

 

「運がいい人」と「運が悪い人」もいない。

「運がいいと思う人」と「運が悪いの思う人」がいるだけだ。

 

すべては起きたことにどう自分が捉えるかということ。

仕事をしていて、

「楽しい」と思ってやること、

感情をコントロールするってことです。

 

 

 

人生に一つくらい取り返しのつかないことがあったほうがいい。

 

このくらいのある意味「開き直り」でいいと思います。

っつても、大抵のことはそんな大事(おおごと)にはなりませんから。

 

 

 

不幸のどん底にいてみっともない自分を空の上から見ると、意外とかっこよかったりする。

 

恥ずかしい思いをして何年か後になってみると笑い話になったり、

「あの経験があったから今があるな」と思えるものです。

俯瞰の視点で物事を捉えることで違う自分が見えてきます。

 

 

 

思い出せるのは、殴ってくれた先生だけだ。

 

当然暴力はよくありませんが、

それを覚悟のうえで本気で向き合ってくれる人と出会えましたか?

ほとんどの先生は記憶に残っていません。

 

大人になると覚えているのはインパクトのあった

厳しかったお客さんであり、

上司ですよね。

 

 

 

チャンピオンとは、倒れない人ではなく、倒れても起き上がれる人のこと。

 

完璧な人が成功するのではなく、

それでもまた立ち上がれる人です。

何回倒れても立ち上がれるゾンビみたいな人です。

 

 

 

 

 

どうでしたか!

今年からは「半分開き直って!」笑

頑張って行きましょう!!!!

 

 

 そんじゃー!!